水曜日, 3月 16, 2005

聖アントニオ修道院長

聖アントニオ修道院長

(251年ごろ-356年)

祝日1月17日

聖アントニオは、エジプトの裕福な地主の家に生まれ、信仰深く育てられた。17歳で両親に先立たれた後、キリストに従う呼び出しを聞いて、遺産を貧しい人々に与え、砂漠に行き隠遁生活を始めた。祈りと黙想をし、そして手仕事によってわずかな日用の糧を得ていた。彼は、孤独と祈りのなかにあって、若いころの誘惑を克服していった。

キリストの道を歩み聖霊に満たされた師父アントニオの模範は広まり、砂漠で大勢の人は隠遁生活を現代まで営むことになった。これはキリスト教修道生活の基盤となり、隠遁者の弟子たちは多くなったときから次の段階の共同での修道生活も教会の中でキリストに従う生き方が豊かになった。

聖アントニオは、アレキサンドリアの司教聖アタナシオと親交があり、アリウス派の異端に対して正統信仰を擁護した。聖アタナシオが著わした『聖アントニオ伝』(357年ころ) は、修道生活の理念を東洋から西洋に伝えて、師父聖アントニオは「修道生活の父」といわれている。